お知らせ

News

TOP /お知らせ /宮崎銀行グループと提携の上、宮崎銀行グループ初のリース形式での太陽光発電システムの導入契約を締結しました
2023.10.24

宮崎銀行グループと提携の上、宮崎銀行グループ初のリース形式での太陽光発電システムの導入契約を締結しました

 株式会社樹昇(代表取締役:髙橋利光)は、宮銀リース株式会社(代表取締役:星原一弘)と協働して、WASHハウス株式会社(代表取締役:児玉康孝)の自社ブランド洗剤製造工場である宮崎工場の屋根上に、リース形式にて太陽光発電システムを導入する契約を締結いたしました。
 宮銀リース株式会社による自家消費型太陽光発電システムに対するリース契約は、初の取り組みとなり、宮崎銀行グループの県内企業向け脱炭素化支援の更なる促進および再生可能エネルギービジネスの拡大に資する大きな一歩となります。

 本案件によってWASHハウス株式会社は、初期費用ゼロで自社工場の屋根に再生可能エネルギーを導入し、CO2排出量を年間約15tの削減および電気代削減効果を実現すると共に、遮熱効果も期待する事ができます。

今後も、宮崎県を代表する金融グループである宮崎銀行グループと協働して、脱炭素化や電気代高騰によるコスト増などの県内企業が直面している多様な経営課題に対して、リース形式での再生可能エネルギーソリューションを提供し、当社経営理念である「ヒトと地域の未来を豊かにする、「気付き」を与えられる企業」のもと、宮崎県の発展に貢献して参ります。

(詳細はページ下部PDFをご覧ください。)

株式会社宮崎銀行のプレスリリースはこちら≫

WASHハウス株式会社のプレスリリースはこちら≫

【宮崎の太陽光設備・蓄電池は樹昇】

一覧に戻る